編集

活動報告

高齢者とインプラント治療

インプラント学術団体ITIのスタディクラブ北海道1で「患者が高齢になってもトラブルがないようにインプラント治療の原則を見つめる」というタイトルで、約2時間のウェブ講演をさせて頂きました。
人生100年時代と言われる今、以前にインプラント治療を受けた患者さんが高齢化しています。長くインプラントが持つためには、どの様な検診が必要なのでしょうか。また、これからインプラント治療を受けようとする患者さんに、高齢の方が多くなっているのも現実です。全身の病気がある患者さんに、いかに安全にインプラント治療を行うか、そしてそれが長持ちするヒントをお話ししました。




« 「歯槽堤温存術」をご存知...     一覧へ     九州大学インプラント研究... »

カテゴリー

アーカイブ