編集

活動報告

「歯槽堤温存術」をご存知ですか?

インプラント学術団体ITIのスタディクラブ愛媛で、抜歯する時にインプラント治療のために行う「歯槽堤温存術」に関する講演をさせて頂きました。これは、抜歯する時に同時にある程度、骨を作る処置をしておく方法です。これにより、後々のインプラント埋入が容易になり患者さんの負担が楽になることが多いのが特徴です。処置の回数は増えませんし、正確に使用すれば効果が高い方法ですので、必要な際には積極的に取り入れています。



« 歯周病とインプラントの関係     一覧へ     高齢者とインプラント治療 »

カテゴリー

アーカイブ