編集

活動報告

九州大学インプラント研究会での発表

5/13、九州大学インプラント研究会で「インプラント治療の原則を見つめる」というタイトルで1時間のウェブ発表をさせて頂きました。私が勤務していた九州大学病院の仲間もたくさん参加してくれました。久しぶりに会う(ウェブ上で)にも関わらず、昔と変わらず質疑応答や意見交換できたのは非常に嬉しく、私のインプラント治療の基礎を作って頂いたことを改めて感じました。
原則を遵守したインプラント治療は多くの場合、良好な予後をたどります。土台の骨をいかにつくるか、治療後にいかに患者さんが清掃しやすくするか、いかにインプラントを長持ちさせるか、私たち歯科医師が技術的にできることを原則を踏襲して説明させて頂きました。先輩から教わったものを、次の世代に確実に伝えていくことが私たちの年代の使命と感じています。
詳しくはこちらをご覧ください。



« 高齢者とインプラント治療     一覧へ