編集

活動報告

上顎の奥歯の部分に骨を増やす上顎洞底挙上術

丸尾先生主催のITD勉強会で「上顎洞底挙上術におけるポイント」というテーマで講演させて頂きました。上顎洞底挙上術とは、上顎の奥歯の部分の骨が薄くてインプラントが入れられない場合に、上顎洞に骨を増やす方法です。これにより奥歯の部分の骨が厚くなりインプラントを入れることができる様になります。歯科の中では比較的大きな処置になりますが、日帰りで、一般的な麻酔を使用して行うことができます。詳細は「保険治療と自費治療について」のインプラントのページをご覧ください。
丸尾先生とは10年近く一緒に活動しており私たちも中堅になりました。ですので、このような若手向けの勉強会で講演させて頂くことは、個人的に非常に意義深いと感じています。丸尾先生はもちろん、一緒に講演した上野先生や、いつも基礎的な知識を教えて頂く黒嶋先生とともに、今後も有益な情報を発信します。



« 若手歯科医師向けセミナー...     一覧へ     歯周病とインプラントの関係 »

カテゴリー

アーカイブ